« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月16日 (月)

逗子に行きました。

ホッキョクグマの日記

逗子に行きました。みんなと一緒に夕ごはんを食べました。犬のケンちゃんとだっこをしました。
Photo_11

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15


シロクマの日記

 夫の両親は鎌倉に住んでいましたが、広太が4年生の時に住んでいた家を売って一関に来ました。2年間は一関にいたのですが九州生まれの二人に岩手の冬は厳しく、特に義母は寒くて発疹が出たり、ずっとやっていた洋服のリフォームの仕事をやりたいという思いも強まり、神奈川に戻りました。1年半後に義父も戻りました。
 息子は小さい時から行っていた「おじいちゃんの家」に、しばらくいけないままでした。「夏休みになったら鎌倉のおじいちゃんの家に行くんですか。」と毎年言っていました。
 昨年は義父が体調を悪くして入院や手術をし、今回は夏休みにみんなで行こうと決めていました。夫の調整がつかず車の調子も不安で、ようやく両方の調整ができて今回行くことになりました。
 場所は義母がずっとやっていたrフォームのお店と同じ建物ですが、広太が部屋に入るのは初めて。珍しそうにしながらも、前と違う「おじいちゃんの家」になんとか馴染み、世田谷にいる娘も来て、数年ぶりにみんなでゆっくり過ごすことができました。心配だった義父の様子も以前より回復していて少し安心。
 帰りは江ノ島の海岸沿いを走り、台風の接近で波が荒い中を波乗りしているたくさんのサーファー達を見ながら、雨に当たらずに帰路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナン祭

ホッキョクグマの日記
カナン祭で、体育館で、発表をしました。
その後で、ステージで、豊年太鼓を聞きました。
お昼に、PTA露天で、焼きそばを買いました。ヒソプ工房で、プレッツェルを買いました。シャロームで、みことばせんべいを買いました。さんあいカナン祭が楽しかったです。
Photo_10

P1070859

P1070839


シロクマの日記

 お疲れさま ナデイア
 カナン祭の前日に、14年11ヶ月乗っていた車を替えました。息子が保育園の年少の時から、ずっと息子を乗せて走った車です。、毎日保育園まで2往復を1年間、4往復(朝送り、昼に迎え、昼寝の終わる頃連れて行き又夕方迎え)を2年近く続けました。 
 歌の好きな息子は様々なCDを聞きながら過ごしました。小学校に入る前の就学児健診では落ち着かない息子と「負けないで」を聴きながら、「大丈夫だよ。」と話したこともありました。
 入学して一ヶ月後、学校からいなくなったと連絡が来た時に探し回ったのもこの車でした。1週間前に行ったという運動公園で水道の蛇口が上向きになって水がビュンビュン出ているのを見た時は、息子がこの場所に来たことを確信したのでした。2年生の時はキックボードで自宅から出てしまい、探しても見つからず駅近くの交番に捜索願を出して家に向かう4車線の道路で、暗くなりかけた道路をキックボードに乗って逆走している息子を見つけ、周囲の車に止まってもらい息子を保護したのもこの車でした。
 娘のスポ少や部活の迎えもいつもこの車で、その時も息子は一緒でした。様々な家族の生活と一緒に15年間を走ってくれた車。ありがとう。そしてお疲れさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立美術館で、いわさきちひろ展に行きました。

ホッキョクグマの日記
 県立美術館で、いわさきちひろ展に行きました。
五つぶのえんどう豆とわらびを持つ少女と赤ちゃんの絵とおやゆび姫と立てひざの少年と女の子と夏の宵の白い花子どもたちと、戦火のなかの少女とお話の絵本とぶどうの木を見て楽しかったです。
県立美術館で、いわさきちひろ展で、お母さんと一緒に写真を撮りました。
Photo_7

Photo_9

シロクマの日記
 一ヶ月間の開催だった「いわさきちひろ展」の最終日に行くことができました。学生の頃に東京のいわさきちひろ美術館に2回行ったことがありました。ずっと好きな方です。あれから30年近く、絵本や画集で見慣れた絵も、原画になるとにじみやぼかし、絵の具の濃淡などが全く違うことを改めて感じました。素晴らしい作品を観られてとても幸せな時間でした。

 様々な経験をされたいわさきさんが、展示の最後に「大人になること」という文章の中で「・・・略・・・大人というものはどんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になることなんだと思います。」 1972年 と書かれていました。54歳というあまりに短い生涯が残念ですが、そのなかでこれだけの素晴らしい作品を残されたことに偉大さを感じます。

Photo_8

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慈に行きました。

ホッキョクグマの日記

久慈に行きました。総合福祉センターでお話会いをしました。お弁当を食べました。
Photo_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江歯科と床屋と耳鼻科に行きました。

ホッキョクグマの日記

近江歯科に行きました。床屋さんに行きました。耳鼻科に行きました。
2

Photo_5

シロクマの日記

 実家から帰った翌日、息子が学園に戻る日の午前中に、耳鼻科と歯科に行きました。2週間前に床屋さんに行ったばかりなのに、息子の髪が伸びて気になっていましたが、月曜日なのでいつものとこ屋さんはお休み。耳鼻科の後に、歯科の予約時刻まで時間があり、耳鼻科の近くで開店していた床屋さんに、少し迷いながら入ってみました。
 受付をして椅子に座ると、迎えてくださったのはなんと息子が小学1年生から中学3年生までず~っとお世話になったTくんのお母さん! !「広太くん!」と声をかけてもらって、息子も「Tくんのお母さんj」と、すぐにわかりました。(*´∀`*) 以前に理容のお仕事をされていたのは知っていましたが、ここでお会いするとは・・・。いろいろお話をしながら髪はあっという間にきれいになりました。思いがけない時間を過ごし、息子の夏休みは楽しく終了しました。
 今年の夏休みも、夏祭り、1週間は学園での流しそうめんや登山等の楽しい活動、自宅では日中はハンズさんでの生活等、様々な時間を過ごしました。こうした夏休みの時間があるのもあと1年になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟に行きました。

ホッキョクグマの日記

新潟に行きました。じゃが芋を掘りました。花火をしました。
Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

シロクマの日記

 実家の両親の高齢化により、今回は息子と二人で長めに滞在しました。東京にいる娘も1日半だけ来てくれ、息子と娘は祖母と一緒に、中尊寺で買った俳句かるたをやったり、夕方と翌日の早朝からじゃがいもの収穫を手伝ってくれました。一番暑い時期で、汗びっしょりになってやってくれました。食後の片付けと食器洗いもずっとやってくれて助かりました。
 私の姉や、弟夫婦と子供たちに会い、又10数年ぶりのいとこにも会いました。このいとこの結婚式には5歳だった息子も出席したのですが、記念写真で並べず、私と二人で写真に入らなかったなんて思い出話になりました。そういう身内に会えるのも、息子にとっていいなあと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »