« ペアレントメンター養成講座 | トップページ | 乙女の祈り »

2012年2月12日 (日)

花巻市まなび学園

ホッキョクグマの日記

まなび学園で、中ホールで、寿美江さんと一緒にお菓子の本を読みました。その後で、福岡先生と滝田先生と釜石ラスクとみんなと一緒に写真を撮りました。

Photo_6

クロクマの日記

 花巻市のまなび学園で「発達障がいのある青年に対する支援モデルの検討」という学習会がありました。私もシンポジストでしたが、家内が実家に帰っていて息子を見るものが無く、学習会の場に連れて行きました。幸いえぇ町のSさんがいたので時々目を掛けてもらえて安心でした。

<発達障害のある青年の居場所>

 居場所という話になりました。居場所って何でしょうか。「その人にとっての活動があり、役割があり、協働する仲間がいて、その中で必要とされること有用感が持てること」とお話しましたが、帰りの道すがら改めて居場所って何だろうなあと考えました。

 震災で甚大な被害に遭った沿岸部に関わって感じたことがあります。

 一方的に支援される側にいるのはきっと嫌なんですよ。 一時的には全面支援を受けることがあっても、それが続くことは苦しいのだと思います。自分がその立場にあってもそう思うでしょう。「ありがとう、助かりました。」と言われたい。誰だって誰かの役に立ちたい。その中で自分の居場所を感じるのかもしれません。

 でも・・・、また、意見が変わるようですが・・・。

 「居るだけでいいよ」って思うことがあります。存在そのものがありがたいと思える時があります。例えば、自閉症の障害が重くても、知的障害が重くても、そこに居てくれるだけで「ありがとう」と言いたい存在があります。

 その人自身は居場所と感じられないのかもしれません。だけど、かけがえのない存在です。

 なかなか明確な答えは出てきませんが、そこに居てくれることにいつも感謝しています。

Photo

 

  

|

« ペアレントメンター養成講座 | トップページ | 乙女の祈り »

コメント

ホッキョクグマさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(^∇^)実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってメッセしてみました(笑)ホッキョクグマさんに仲良くしてもらえたら嬉しいです(*^▽^*)一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいo(〃^▽^〃)oココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(´0ノ`*)まってるねえ(*^ー^)ノ

投稿: まりこ | 2012年2月15日 (水) 01時53分

まりこさん コメントありがとうございます。いつも読んで頂いて嬉しいです。気まぐれでたま~にしか更新しませんが、これからも読んで下さいませ。コメントも頂けると励みになります。

投稿: クロクマ | 2012年2月15日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154736/44080514

この記事へのトラックバック一覧です: 花巻市まなび学園:

« ペアレントメンター養成講座 | トップページ | 乙女の祈り »